2015年07月03日

Ducati 1098S 車検【ユーザー車検】

もうあれから2年経つんですねぇ。

今日は、Ducati 1098S の車検でした。

一応、タイヤやらブレーキやらマフラー、灯火類は
事前に整備しておきましたので、
事前予約の上、検査場へやってきました。

詳しくはまたHPのメンテナンス記事にUPしますのでBlogでは簡単に。


blog_786.jpg

今日はたくさんのバイクが並んでます。
結構時間掛かりそうやなぁ。。。。

ま、まだ梅雨明けしていないんで雨が心配でしたが
快晴で暑い。。。2年毎のサイクルなんで、次回もこんな感じなのかなぁ?
バイク屋さんが多いですが、チラホラとユーザー車検で持ち込みされてる方も居ます。

ラインを通すと、
嫌な予感はしていたんですが、
光軸ズレを指摘されました。 「-30 でだいぶと下向いてるよ」
との事。

ついでに、騒音が大きいと。 「え!?」

純正マフラーやねんけどな。。。
一応、測らせて欲しいって事で、別レーンに回ってくれって事で、
隣のレーンで最大回転数の半分の回転数(4500rpm)で94db以下 (近接排気騒音)
排気方向から45度、排気管から50cm離れたところで測定だそうです。

実際には、クラッチカバーを社外品の穴あきに交換していた事で、
ガチャガチャとメカの音が入って音量が大きいのでは?という事で
測定となった訳ですが、
一応、ECUもノーマル、マフラーも純正ですので、マイクでの騒音測定の結果は94dbで無事パスしました。



blog_787.jpg

とは言え、ヘッドライトに関しては完全にケチがついてしまったので、
ここはテスター屋さんに、光軸調整だけはやってもらいましょう。
さすがに自分で調整出来るほどいい場所も無いし、
一旦退場して光軸調整のみを工場でやってもらいます。

ロービーム側は紙で覆って、ハイビームのみの調整です。
さすがは何台も調整しておられるだけあって、
恐ろしく手早い調整にあっけにとられるくらいです。


blog_788.jpg

この写真に写ってる3台は ”やりなおし組” です(笑)

今日は、本当に多いですね。
しばらくの検査レーンの休憩時間の後に、再度テストを受けます。

今度はヘッドライトテスターだけを受けます。

光量の問題もありますので、
前回と同じく、少しエンジン回転数を上げ目にしてテスターへ。

無事に 〇 の表示が出ました!! 合格です!!



blog_789.jpg

ラインが通れば、
後は事務所で、新しい車検証を交付してもらい、シールをもらうだけです。

ちょっとアレコレと指摘を受けましたが、
無事に通ってよかったよかった。。。。





posted by keepk at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/148130898
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック